首都机场
あなたの現在の位置: トップページ 旅客サービス お客様へのインフォメーション保安検査に関する注意

旅客サービス

保安検査に関する注意

民航旅客携帯・託送禁止物品目録

一、銃器などの武器(主要部品を含む)

弾薬(弾丸その他の物品を含む)を発射でき、かつ人身に重大な傷害をもたらすことができる装置や、このような装置と誤認される可能性のある物品。主に以下の物を含んでいます。

(一)軍用銃、公務用銃(拳銃、歩兵銃、連発銃、機関銃、反暴動銃など)

(二)民用銃(空気銃、猟銃、射撃運動銃、麻薬注射銃など)

(三)その他の銃器(道具銃、スターターピストル、ボール銃、海外銃器および各種違法製造銃器)

(四)上記物品の模倣品

二、爆発・燃焼物質および装置

人身に重大な傷害をもたらすことができ、航空機の安全に危害を及ぼす爆発・燃焼装置(物質)、このような装置と誤認される可能性のある物品。主に以下の物を含んでいます。

(一)弾薬(爆弾、手榴弾、照明弾、焼夷弾、煙幕弾、信号弾、催涙弾、毒ガス弾、銃弾(鉛弾、空包弾、教練用空弾)など)

(二)爆破機材(爆薬、雷管、信管、起爆装置、導火線、導爆線、爆破剤など)

(三)煙火製品(花火、爆竹、煙霧剤、黄色種葉たばこ、打ち上げ花火など)

(四)上記物品の模倣品

三、規制器具

人身に傷害をもたらすことができ、航空安全や輸送秩序に大きな危害を構成する規制器具。主に以下の物を含んでいます。

(一)規制刃物(匕首(柄、はばき、樋が付き、きっ先の角度が60度以下、1つ、2つ、あるいは複数の刃を持つ先の尖った刃物)、三角スクレーパー(3つの刃を持つ機械加工用刃物)、セルフロック装置を持つ飛び出しナイフ(刀身が弾き出た後、刀柄内のばねまたはロックによって固定される折り畳み刃物)、その他1つ、2つの刃を持つ先の尖った類似の三角刃物(先の角度が60度以下、刀身の長さが150㎜を超える1つ、2つ、複数の刃を持つ先の尖った各種刃物)、その他先の角度が60度以上、刀身の長さが220㎜を超える1つ、2つ、複数の刃を持つ各種刃物など)

(二)軍隊・警察用器具(警棒、警察用電撃器、軍隊用または警察用匕首、手錠、親指錠、足かせ、催涙ガススプレーなど)

(三)その他国家が規定した弩などの規制器具

四、危険物品

人身に傷害をもたらすことができ、航空安全や輸送秩序に大きな危害を構成する危険物品。主に以下の物を含んでいます。

(一)圧縮ガス、液化ガス(水素、メタン、エタン、ブタン、天然ガス、エチレン、プロピレン、アセチレン(媒質に溶けられるものに限る)、一酸化炭素、液化石油ガス、フレオン、酸素、二酸化炭素、水性ガス、ライター用燃料、ライター用液化ガスなど)

(二)自燃物品(黄リン、白リン、ニトロセルロース(フィルムを含む)、油紙とその製品など)

(三)濡れた時燃えやすくなる物品(金属カリウム、ナトリウム、リチウム、炭化カルシウム(カーバイド)、マグネシウム・アルミニウム粉末など)

(四)可燃性液体(ガソリン、灯油、ディーゼル、ベンゼン、エタノール(アルコール)、アセトン、エーテル、ペンキ、希釈剤、アビエス油、可燃性溶剤を含む製品など)

(五)可燃性固体(赤リン、フラッシュパウダー、固形アルコール、セルロイド、発泡剤など)

(六)酸化剤および有機過酸化物(過マンガン酸カリウム、塩素酸カリウム、過酸化ナトリウム、過酸化カリウム、過酸化鉛、過酢酸、過酸化水素水など)

(七)有毒化学物質(シアン化合物、ヒ素、毒性の高い農薬などの有毒化学品など)

(八)腐食性物質(硫酸、塩酸、硝酸、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、水銀など)

(九)放射性物質(放射性同位元素など)

五、その他の物品

人身に傷害をもたらすことができ、航空安全や輸送秩序に大きな危害を構成するその他の物品。主に以下の物を含んでいます。

(一)感染性病原体(B型肝炎ウイルス、炭疽菌、結核菌、エイズウイルスなど)

(二)火種(各種点火装置を含む)(ライター、マッチ、シガーライター、マグネシウム棒(フリント)など)

(三)定格出力が160Whを超える充電宝、リチウム電池(電動車椅子に使用されるリチウム電池は別途規定がある)

(四)アルコール体積百分含有量が70%を超えるアルコール飲料

(五)強磁性体、強い刺激臭がある物品、旅客の恐慌を引き起こしやすい物品および性質を特定できず、潜在的に危険な物品

六、国家の法律や行政法規、規則などに規定されたその他の輸送禁止物品

 

民航旅客携帯・託送制限物品目録

一、携帯は禁止され荷物として託送することができる物品

(一)鋭器

鋭いエッジや先端を持ち、金属またはその他の材料で作られ、人身に重大な傷害をもたらすことができる器物。主に以下の物を含んでいます。

1.日用の刃物(刃の長さが6㎝を超える包丁、果物ナイフ、はさみ、ユーティリティナイフ、ペーパーナイフなど)

2.専用の刃物(刃の長さに特に制限のない外科用メス、屠殺用ナイフ、彫刻用ナイフ、かんな刃、フライスなど)

3.武術演出に使用される刀、矛、剣、戟など

(二)鈍器

鋭いエッジや先端を持たず、金属またはその他の材料で作られ、人身に重大な傷害をもたらすことができる器物。主に以下の物を含んでいます。

棍棒(伸縮棍、ぬんちゃくを含む)、打球棒、ビリヤードキュー、クリケットラケット、ホッケースティック、ゴルフクラブ、登山杖、スキーストック、ブラスナックル(ハンドネイル)

(三)その他

人身に傷害をもたらすことができ、航空安全や輸送秩序に大きな危害を構成するその他の物品。主に以下の物を含んでいます。

1.工具(ボーリングマシン(ビットを含む)、のみ、錐、鋸、スタッドガン、ネイルガン、ドライバー、クローバー、ハンマー、ペンチ、溶接ガン、レンチ、斧、手斧(消防用斧)、ノギス、ピッケル、アイスピックなど)

2.その他の物品(投げ矢、弾弓、弓、矢、防犯ブザーおよび国家規定の規制範囲以外の電撃器、メイス、催涙ガス、コショウ・トウガラシスプレー、酸性スプレー、動物駆除スプレーなど)

二、携帯または荷物として託送する際に規定条件のある物品

(一)携帯に規定条件があり荷物として託送することができる物品

1.旅客が液体物品を携帯して国際線、地域線に乗る場合、液体物品を容積が100mL以下の容器に入れて携帯し(容器の容積が100mLを超える場合、容器内の液体物品が100mLまたは100gを超えなくても、携帯できません)、同時に液体物品を入れる容器は最大容積が1L以下で再密封可能な透明なビニール袋の中に入れ、1名の旅客は1回につきビニール袋を1つのみ携帯でき、それ以外の部分は荷物として託送しなければなりません。

2.旅客が国内線に乗る場合、液体物品を携帯できません(航空旅行中に使用する化粧品、歯磨き、シェービングクリームなどはこの限りではない)。航空旅行中に使用する化粧品は、①1種につき1件のみ携帯できる;②容積が100mL以下の容器の中に入れ、オープン検査を受け入れる;③容器の容積が100mLを超える場合は、化妆品、歯磨き、シェービングクリームなどは100mLまたは100gを超えなくても、携帯できないという3つの条件を同時に満足しなければなりません。同一の空港管理エリアで国際・地域線から国内線に乗り換える旅客が携帯して入国する免税液体物品は、①商品購入の領収書を提示する;②密封されかつ破損していない透明なビニール袋の中に入れ、安全検査を受けている;③国際・地域線から国内線に乗り換える間に旅客が空港管理エリアを離れる場合は、携帯して入国する免税液体物品を荷物として託送手続きをするという3つの条件を同時に満足しなければなりません。

3.赤ちゃんが航空旅行中に必要な液体乳製品、糖尿病その他の疾病の患者が航空旅行中に必要な液体薬品は、安全検査を経た後、携帯できます。

4.旅客が空港管理エリア、航空機の中で購入または取得した液体物品は、空港管理エリアを離れる前に携帯できます。

(二) 携帯は禁止され荷物として託送する際に規定条件のある物品

アルコール飲料は、携帯が禁止され、荷物として託送する際に以下の条件を満足しなければなりません。

1.明確な標識があり、かつ小売の包装内に入れ、各容器の容積は5Lを超えていません。

2.アルコールの体積百分含有量が24%未満または等しい場合、託送数量に制限がありません。

3.アルコールの体積百分含有量が24%を超え、70%未満または等しい場合、旅客1名につき託送数量は5L以下とします。

(三)荷物として託送することが禁止されかつ携帯に規定条件のある物品

充電宝、リチウム電池は、荷物として託送することが禁止され、携帯の際に以下の条件を満足しなければなりません(電動車椅子に使用されるリチウム電池については別途規定がある)。

1.明確な標識があり、定格出力は100Wh未満または等しい。

2.定格出力が100Whを超え、160Wh未満または等しい時は、航空会社の許可を取得し、1人につき最高携帯数は2つとします。

三、国家の法律や行政法規、規則などに規定されたその他の輸送制限物品

 


よくある質問と注意事項