国際および地区フライトで携帯できる液体物の注意事項とは?

  1. 携帯する液体物の容積は100mlを超えてはならず、容器の容積が100 mlを超える場合は、容器にいっぱいに入っていないとしても、携帯は許されませんので、預け入れてください。中国国内でのフライトは、酒類は持ち運ぶことができませんが、預け入れ荷物の中にいれて運ぶことはできます。旅行の準備の際には以下の事項をご確認ください。
    • 携帯する液体物がフライト中に必要であるかどうか。必要でない場合は、預け入れ荷物の中にいれていただくよう、おすすめいたします。
    • あなたの携帯する液体物の中に酒類がありますか? もしあれば、それは預け入れ荷物の中に入れてください。
    • 液体物を入れた容器の容積は100ml以下でしょうか。もしそうでなかったら、100ml以下の容器に詰め替えるか、預け入れ荷物の中に入れてください。
  2. 液体物を入れた容器は、最大の容積が1リットルを超えないチャックのついた透明のビニール袋にお入れください。旅客は一人につき一個のビニール袋の携帯しか許されず、それ以上の場合は預け入れてください。お出かけの際には、以下の注意事項を確認してください。
    • チャックのついたビニール袋はなるべく20cm×20cmの規格のものをお使いください。
    • 旅客は一人につき一個の上記のビニール袋しか携帯できません。一つ以上のビニール袋になった場合、残りのものは預け入れ荷物の中に入れてください。
    • 液体物は幅の広いビニール袋に入れてください。一般的には、容積が1リットルのビニール袋には5つの100mlの容器が入れられます。
  3. 液体物を入れた透明なビニール袋は単独で保安検査を受けてください。保安検査を受ける際は、ビニール袋を手荷物の中から取り出し、保安検査の係員にお渡しください。
  4. ターミナルの免税店あるいは飛行機の中で購入した物品は口の閉じられた透明なビニール袋の中に入れ、自分で開封してはいけません。また、レシートをとっておき、検査に備えなければなりません。あなたが液体の免税品を購入した場合、以下の事項に注意してください。
    • 免税液体品を入れ密封されたビニール袋を自分で開けてはいけません。開けた場合には、乗り継ぎ・乗り継ぎの際に、携帯を拒絶されることがあります。
    • 購入時のレシートをきちんと保存しておいてください。レシートがない場合は、乗り継ぎの際に、携帯を拒絶されることがあります。
    • 免税の液体品を購入したときに、自分の乗り継ぎ地、目的地などを販売員に自ら告げ、その乗り継ぎ地や目的地の国あるいは地区の液体品携帯についての規定を知るように心がけてください。
  5. 嬰児を連れたお客様の液体乳製品の携帯、糖尿病あるいはその他の患者が必要とする液体薬品は、保安検査で問題がないことを確認したのちに、適量(旅行中に必要な量)ならば携帯することができます。
  6. 上記の問題以外に、あなたがどうしてよいかよく分からない液体物をお持ちのときは、その液体物を預け入れ荷物に入れるようにしてください。