国内線で携帯できる液体物の注意事項とは??

  1. 少量の自分で使用するために化粧品(シャンプーやボディソープを除く)ならば携帯できます。各種の化粧品はそれぞれ1つずつで、容器の容積が100 mlを超えてはなりません。独立した袋の中に入れ、蓋をあけての検査が行われます。旅行の準備の際には以下の事項を確認してください。
    • 携帯しようとしている化粧品が飛行機の中で使用するものでなければ、預け入れ荷物の中に入れてください。
    • それぞれの化粧品の容器の容積が100ml以下でなければ、さらに小さい100ml以下の容器に入れ替えるか、預け入れ荷物の中に入れてください。
    • 他人に贈るための化粧品で、包装を破りたくない場合には、持ち込み荷物の中に入れると開封検査が必要ですので、預け入れ荷物の中にお入れください。
    • 酒類は持ち込みできません。預け入れ荷物の中にお入れください
  2. 乳児をお連れの場合、チケット購入時に航空会社に申請すると、航空会社は無料で液体乳製品を提供いたします。あなたが自分で準備したミルクなどの製品は持ち込みが許されませんので、それを預け入れ荷物の中に入れるか、あるいは保安検査の前に自分で処理してください。
  3. 糖尿病患者あるいはその他の患者は液体薬品や液体無糖食品など、必要な液体物を携帯することができます。しかし、その数量は飛行中に必要なものに限られ、病院あるいは医者が発行した証明を提示する必要があります。
  4. 国外から来て、中国国内の空港で中国の国内線に乗り継ぎするとき、国外で購入した免税の液体物は、袋が損なわれていない封が閉じられた透明なビニール袋の中に入れられていなければならず、購入時のレシートを提出する必要があります。液体物を入れたビニール袋の口が開いていた、あるいはレシートが提示できなかった場合は、その液体物が国内線で要求される容積・種類を満足させている場合以外は、その液体物を携帯して国内線に乗ることはできません。
  5. 上記の問題以外であなたが確定できない液体物をもっている場合は、それを預け入れ荷物の中に入れてください。